大阪市立図書館
画面下にアクセシビリティツールを表示します   
 
 
 
 
絵文字:星印は子どもが参加できる行事です
 

図書館からのお知らせ

ニュース/イベント >> 記事詳細

2016/09/05

[終了]【中央】借りるだけではもったいない!『もっと』使える!図書館

Tweet ThisSend to Facebook | by:中央図書館

借りるだけではもったいない!
『もっと』使える!図書館


 図書館では、蔵書検索やデータベースなどいろいろな情報が利用できます。市民に一番身近な市立図書館、府県域の図書館を支援する府県立図書館、先進的なサービスに取組む大学図書館、図書館で利用できるデータベースの提供会社がそれぞれの事例を紹介し、図書館がお得に使えるコツをお教えします。
終了しました


第1部 基調講演 13時30分から14時20分

 『図書館「超」活用術』の著者が語る「本当は『もっと』使える!図書館」
       奥野 宣之氏(著作家・ライター)

第2部 事例発表 14時30分から15時30分

  1 大阪市立図書館の検索のコツ、教えます。
    ~多機能OMLISと次世代OPAC
             (大阪市立中央図書館 澤谷 晃子)
  2 京都府内の蔵書をいっぺんに調べます!
    ~ 「カーリルUnitrad API」と連携した新サービス
             (京都府立図書館 奥野 吉宏氏)
  3 佛教大学図書館のウェブスケールディスカバリーサービス
             (佛教大学図書館 飯野 勝則氏)
  4   ジャパンナレッジが挑む新たな可能性
     ~図書館におけるJKの存在意義を見つめ直す
             (株式会社ネットアドバンス 桑原 博文氏)

第3部 パネルディスカッション 15時45分から16時30分

 『図書館「超」活用術』の著者が斬る‼「図書館の“いろんな仕掛け”を使うには」
              司会:奥野 宣之氏

奥野 宣之(おくの のぶゆき)氏

プロフィール
1981年大阪府生まれ。同志社大学でジャーナリズムを専攻後、新聞記者を経てフリーの著作家・ライターに。「情報」をテーマに著述活動を続けている。情報整理について書いた『情報は1冊のノートにまとめなさい』はシリーズ累計50万部を超えるベストセラー。最新刊はビジネスパーソン向けに情報活用を説いた『図書館「超」活用術』(朝日新聞出版)。堺市在住。

【日時】  平成28年10月1日(土)13時30分から16時30分
                                               (開場:13時)
【定員】  100 当日先着順
【場所】  大阪市立中央図書館 5階大会議室
【参加費】 無料
【対象】  テーマに興味のある方
【問合せ】 大阪市立中央図書館  電話 06-6539-3326

 ちらしもご覧ください⇒『もっと』使える!図書館 ちらし
 
共催:株式会社ネットアドバンス 



17:00 | 講演会・講座・公演 | 中央
 

PICK UP!


 
こどものページ
おおさか資料室
 

情報発信

メールマガジン
大阪市立図書館Facebook
大阪市図書館Twitter
 

大阪市立図書館

 
自動車文庫「まちかど号」バナー
ティーンズのページバナー
OneBookOneOsakaバナー
 

おすすめの本

こどものほんだな

明日のひこうき雲「明日のひこうき雲」八束 澄子/著,ポプラ社,2017.4
 

あなたにこの本を!

残したい手しごと日本の染織「残したい手しごと日本の染織」片柳 草生/著,世界文化社,2017.6