大阪市立図書館
画面下にアクセシビリティツールを表示します   
 
 
 
 
絵文字:星印は子どもが参加できる行事です
 

図書館からのお知らせ

ニュース/イベント >> 記事詳細

2016/08/17

「間重富・間家関係文書」が国の重要文化財に指定されました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:お知らせ
大阪歴史博物館および当館が所蔵する「間重富関係資料一括」(所有者:大阪市、大阪歴史博物館点・大阪市立中央図書館)を国の重要文化財に指定することについて、平成28年3月11日に文化審議会より文部科学大臣に答申がなされておりましたが、本日(8月17日)付けの官報において告示があり、正式に重要文化財に指定されることになりました。

平成28年8月17日付 官報 号外181号 文部科学省告示第116号 をご覧ください。

間 重富(はざま しげとみ)

 宝暦6年(1756)-文化13年(1816)。大坂長堀の質屋に生まれる。家業の傍ら天文暦学を志した。寛政7年(1787)から幕府に暦作御用を命ぜられ、改暦事業の中心的役割を果たした。天文振子時計・子午線観測装置などの改良・製作も行っている。


当館の「間重富・間家関係文書」は、「大阪市立図書館デジタルアーカイブ」上のデジタル画像でご覧いただけます。 
「間重富・間家関係文書」

【関連ページ】
[イベント終了報告]平成28年度大阪連続講座 第1回「町人学者間重富と近世大坂の天文学」
[WEBギャラリー]「没後200年 間重富とその時代 ―近世大坂の自然科学分野を中心に―」
[WEBギャラリー]「江戸時代の天文学ー間家文書を中心にー」



14:30 | そのほかのお知らせ

 

PICK UP!


 
こどものページ
おおさか資料室
 

情報発信

メールマガジン
大阪市立図書館Facebook
大阪市図書館Twitter
 

大阪市立図書館

 
自動車文庫「まちかど号」バナー
ティーンズのページバナー
OneBookOneOsakaバナー
 

おすすめの本

こどものほんだな

どこにいるのイリオモテヤマネコ「どこにいるのイリオモテヤマネコ」横塚 眞己人/写真・文,小学館クリエイティブ,2017.2
 

あなたにこの本を!

くらべる時代「くらべる時代 -昭和と平成-」おかべ たかし/文,東京書籍,2017.3
 

Webギャラリー