大阪市立図書館
画面下にアクセシビリティツールを表示します   
 
 
 
 
絵文字:星印は子どもが参加できる行事です
 

図書館からのお知らせ

ニュース/イベント >> 記事詳細

2018/03/14

[終了]【中央】えほんのわちゃくちゃ話 5月12日(土)

Tweet ThisSend to Facebook | by:中央図書館
子ども読書の日記念事業ロゴ

平成30年度子ども読書の日記念事業
えほんのわちゃくちゃ話  5月12日(土)


 絵本を「描く人」こしだミカさんと「届ける人」加藤啓子さんによるトークショーです。絵本を楽しみ味わうのに、年齢なんて関係ないよ!会場内では12時30分から16時まで、300冊の絵本や写真集が並ぶ「えほんのひろば」も開催。ぷっと吹きだしジンとくる、何度も読みたくなる絵本を、わちゃくちゃ、みんなで楽しみましょう!

★トークショー「えほんのわちゃくちゃ話」
【日時】: 平成30年5月12日(土)午後1時30分から3時30分 終了しました
               (開場は午後12時30分から)
【会場】: 大阪市立中央図書館 5階大会議室
【出演】: こしだミカさん(絵本・造形作家)、加藤啓子さん(絵本あれこれ研究家)
【対象】:どなたでも
【定員】: 150名(当日先着順)

★えほんのひろば
【日時】: 平成30年5月12日(土)午後12時30分から4時  (開場は午後12時30分から)      終了しました
【会場】: 大阪市立中央図書館 5階大会議室
【対象】:どなたでも
【定員】: なし(開催中出入り自由)

講師プロフィール
こしだミカさん
こしだミカさん写真絵本・造形作家。
 1962年、大阪市生まれ。2005年、『アリのさんぽ』(架空社)でデビュー。大阪に住み、身近な生きものを観察しながら暮らしている。
 主な絵本作品に『ひげじまん』(小学館,2017年刊)、『でんきのビリビリ』(そうえん社,2015年刊)、『ほなまた』(農文協,2008年刊)など多数。2017年「プラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)」に『でんきのビリビリ』入選。
 2010年4月から2016年3月まで放送されたこども番組「できたできたできた」(NHK Eテレ)の背景画とオブジェ制作にも携わり、各所でワークショップを開催するなど精力的に活動中。

加藤啓子さん
加藤啓子さん写真絵本いろいろの会主宰。
 絵本あれこれ研究家として、主に関西で絵本の講座、絵本展の企画・指導を通した絵本の普及活動に取り組む。
 絵本の普及には、よい絵本をおとなが子どもに与えるのでなく、おとなも子どもも自分で好きな絵本が選べることが一番、大切との想いにより、絵本の表紙を見せて並べ、子どもたちが自由に読みたい絵本に出会える「えほんのひろば」づくりを提唱。大阪市子育ていろいろ相談センター(現クレオ大阪子育て館)で12年間(2003年から2015年)にわたり、「えほん展いろいろ」の企画アドバイザーを務めた。これにより大阪府内の地域、学校、図書館などから共感を得、各地での「えほんのひろば」が多く浸透した。幼稚園、保育所での絵本講座の実施など幅広く活動中。

【問い合わせ】:大阪市立中央図書館 利用サービス担当 電話:06-6539-3326

チラシはこちらです
えほんのわちゃくちゃ話 チラシ.pdf      


★大阪市立図書館では、ほかにもたくさんの催しをおこなっています。
子ども読書の日 記念事業 催し一覧をみる

14:00 | 講演会・講座・公演 | 中央
 

PICK UP!


 
こどものページ
おおさか資料室
 

情報発信

メールマガジン
大阪市立図書館Facebook
大阪市図書館Twitter
 

大阪市立図書館

 
自動車文庫「まちかど号」バナー
ティーンズのページバナー
OneBookOneOsakaバナー
 

おすすめの本

こどものほんだな

くらやみのゾウ「くらやみのゾウ」[ルーミー/原作],ミナ・ジャバアービン/再話,ユージン・イェルチン/絵,山口 文生/訳,評論社,2018.1
 

あなたにこの本を!

あんた、ご飯くうたん?「あんた、ご飯食うたん?」中本 忠子/著,カンゼン,2017.12