大阪市立図書館
画面下にアクセシビリティツールを表示します   
 
 
 
 
絵文字:星印は子どもが参加できる行事です
 

図書館からのお知らせ

ニュース/イベント >> 記事詳細

2018/10/27

[終了報告]【中央】山本巧次講演会 10月27日(土)

Tweet ThisSend to Facebook | by:お知らせ


第21回大阪市図書館フェスティバル
山本巧次講演会 10月27日(土曜日)


第6回ほんま本大賞に『阪堺電車177号の追憶』が選ばれた作家の山本巧次さんに、阪堺電車や受賞作の読みどころについてお話しいただきました。

これまでの大阪ほんま本大賞を振り返り、受賞の感想なども交えつつ、講演会が始まりました。
阪堺電車についてご説明いただいた後、受賞作の舞台を写真とともにたどりました。
本を読んだ人なら、「あぁ、これが、やっぱりあの場所か」と思うところが度々あったり、
また、沿線をよく知る人なら、写真を見て、昔の車両の記憶が呼び起こされるような、
ゆったりとした山本さんの話しぶりに、会場全体が聞き入っていました。
質疑応答では、「阪堺電車はなぜ生き残れたのか」といった電車に思い入れのある方からの質問や、
「なぜ、小説を書いてみようと思ったのか」といった質問など、さまざまな質問があり、丁寧に答えていただきました。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。

 山本巧次講演会



本年7月、山本巧次さんの『阪堺電車177号の追憶』が、Osaka Book One Project(略称:OBOP)の第6回「大阪ほんま本大賞」に選ばれました。今回の講演会では、受賞作の読みどころや阪堺電車についてお話しいただきます。

ちらしは山本巧次講演会ちらし.pdfをごらんください。

【日時】平成30年10月27日(土曜日) 14時から15時(開場13時30分) 終了しました
【場所】大阪市立中央図書館 5階大会議室

【定員】300名 (当日先着順)

【問合せ】大阪市立中央図書館 電話06-6539-3326
【共催】Osaka Book One Project・大阪市立中央図書館

 

※Osaka Book One Project(略称:OBOP)と「大阪ほんま本大賞」について

「大阪の本屋と問屋が垣根を越えて一冊のほんまにええ本を売ろう」と集まった大阪の文学賞で、
2013年に制定されました。選書の条件は、

1.大阪に由来のある著者、物語であること

2.文庫であること

3.著者が存命であること

の3点です。特徴は、売り上げの一部を使用し大阪府社会福祉協議会を通じて、児童養護施設へ本の寄贈を行っている点です。図書の選定を児童養護施設に依頼し、子どもたちに選ぶ楽しさ、本を読む楽しさを伝えています。

Osaka Book One ProjectのFacebookを見る

『阪堺電車177号の追憶』(早川文庫) 


★大阪市立図書館では、ほかにもたくさんのイベントを実施しています。
[図書館名順]第21回大阪市図書館フェスティバルのお知らせをみる
[開催日順]今日は何やってる?第21回大阪市図書館フェスティバル開催日順一覧!をみる


17:00 | 講演会・講座・公演 | 中央
 

PICK UP!


 
こどものページ
おおさか資料室
 

情報発信

メールマガジン
大阪市立図書館Facebook
大阪市図書館Twitter
 

大阪市立図書館

 
自動車文庫「まちかど号」バナー
ティーンズのページバナー
OneBookOneOsakaバナー
 

おすすめの本

こどものほんだな

巨人の花よめ「巨人の花よめ」菱木 晃子/文,平澤 朋子/絵,BL出版,2018.1
 

あなたにこの本を!

「箸袋でジャパニーズ・チップ!」辰巳 雄基/著,リトルモア,2018.9