共通メニューなどをスキップして本文へモバイル版トップページへ
 
大阪市立図書館
 
 
大阪市立図書館
画面下にアクセシビリティツールを表示します   

 
 
 

国立国会図書館デジタル化資料送信サービス

最終更新日:2021/04/05

デジタル化資料送信サービスとは?

「デジタル化資料送信サービス」は、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で現在入手困難な資料約131万点(平成261月現在)を、国立国会図書館の承認を受けた公共図書館等で閲覧・複写ができるサービスです。
 

利用可能な資料

図書・・・昭和43年までに国立国会図書館が受け入れたもの
古典籍・・明治期以降の貴重書等
雑誌・・・平成12年までに発行された雑誌(商業出版されていないもの)
博士論文・平成312年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの)
国立国会図書館デジタルコレクションで公開範囲「国立国会図書館/図書館送信限定」になっているタイトルが該当します。「インターネット公開」資料はホームページ上で自由に閲覧可能です。
 

利用するには?

<閲覧>

中央図書館では3階カウンター、地域図書館では各窓口へお申込みください。
※利用にあたっては大阪市立図書館(自動車文庫を除く)の有効な図書館カードが必要です。


<複写>

著作権法に規定された範囲内で複写が可能です。(白黒複写のみ 110円)
申込書に必要事項を記入のうえお申込みください。複写作業は職員がおこないます。
窓口混雑時にはお時間をいただくことがあります。

<その他>
デジタル画像をパソコンのモニターでご覧いただくものです。
画像は資料を写真に撮ったもののため、本文の文字の検索はできません。
データのダウンロードや保存、パソコン画面のカメラ撮影はできません。