共通メニューなどをスキップして本文へモバイル版トップページへ
 
大阪市立図書館
 
 
大阪市立図書館
画面下にアクセシビリティツールを表示します   

 
 
 
トップ > 調べる・相談する> 商用データベース 

商用データベースって何ですか?


商用データベースとは、インターネットで提供される有料のデータベースです。
図書館が契約していますので、大阪市立図書館全館の館内では無料で自由にお使いいただけます。
 

どこで使うことができますか?

多機能オムリスの写真
多機能OMLIS(オムリス)
※キーボードがついている検索端末

利用者用検索端末「多機能OMLIS」で使うことができます。

【中央図書館】
各フロア「多機能OMLIS」(26台)
3階「データベース専用端末」(6台・印刷可能)

【地域図書館】
各館の「多機能OMLIS」(1~3台)
各館の「データベース専用端末」(1台・印刷可能)


▲このページの先頭へ
 

どんなことができますか?


新聞や雑誌の記事検索、法律・判例情報や、医学・科学技術の最新の研究成果、辞典・事典類の横断検索などが検索可能です。データベースの内容は常に更新されていますので、最新の情報を手軽に入手できます。
欲しい情報がデータベースから直接得られるのはもちろん、図書館の本や雑誌・新聞などの膨大な資料へのアクセスにも活用できます。

また、商用データベースで、本文を閲覧していただくことが可能な新聞・雑誌があります。
これまでの活用例クイズにチャレンジ
 

商用データベース一覧

提供している商用データベースの一覧や、マニュアルをご覧いただけます。
商用データベース一覧
 

どうやって使うのですか?

【多機能OMLIS】でのご利用方法

多機能OMLISメニュー画面
  1. 画面上部のタブボタン【本などをさがす】【新聞記事をさがす】【調べものをする】【その他】 から、調べたい分野を選びます。
  2. 使いたい商用データベース等を選択し、ダブルクリックをすると、その商用データベース等が開きます。
    ※「ログイン」ボタンがあるものは、「ログイン」ボタンを押してください

<注意>「ログアウト」ボタンがあるものは、終了時に必ず「ログアウト」ボタンを押してください
※「ログアウト」ボタンを押さないで終了した場合は、しばらくそのデータベースが使用できない場合があります
 

【OMLINサーチ】からのご利用方法

「本などをさがす」タブの「大阪市立図書館蔵書検索(日本語)」メニューから利用いただけます。インターネット上の有用なサイトや大阪市立図書館が契約している電子書籍、商用データベースの一部、古文書の画像等も検索対象です。複数のサイトに対して同時に検索することができます。

[関連項目]
  • 横断検索・OMLINサーチとは
  •  

    【蔵書検索】からのご利用方法

    「本などをさがす」タブの「大阪市立図書館蔵書検索(日本語)」メニューからご利用いただけます。
    館内多機能OMLISでは、検索結果一覧に表示された商用データベースの「この資料をつかう」のリンクをクリックしていただくと、当該の商用データベースにアクセスできます(ログインが必要な場合と、直接該当のコンテンツにアクセスできある場合があります)。

    ご自宅等での検索時は、「商用データベースの使い方」のリンクが表示されます。クリックしていただくと、商用データベースの案内ページをご覧いただけます。

     

    結果は印刷できますか?

    中央図書館3階(6台)および各地域図書館(1台)に設置されている「データベース専用端末」では、印刷許可された商用データベースの検索結果のプリントアウトができます。
    各料金は、よくある質問「コピーサービスはありますか? カラーコピーは? 料金は?」をご参照ください。