大阪市立図書館
画面下にアクセシビリティツールを表示します   
 
 
 
 
トップ > 中央図書館(西区) > ティーンズのページ > 書評漫才(SBR)グランプリ 
書評漫才グランプリのロゴ書評漫才グランプリのキャラクター
 

書評漫才(SBR)グランプリについて

 ○ 第7回書評漫才グランプリ in OSAKA 結果発表 & 動画&アンケート結果公開!

詳細は「第7回書評漫才グランプリ in OSAKA 結果発表!」ページをご覧ください。

 小学生の部の優勝は、『100かいだてのいえ』を紹介してくれた「ハッピーテール」に決定!
 中学生以上の部の優勝は、『せんせい。』を紹介してくれた「ミックスツインズ」に決定!
 出場者の皆様、ご観覧の皆様ありがとうございました。 
 アンケート結果はこちらからご覧になれます

○平野区住みます芸人「いなかのくるま」が書評漫才グランプリアドバイザーに就任しました!

【書評漫才グランプリアドバイザー】いなかのくるま(左:ちろるさん 右:木佐さん)
 木佐さんが高校生の時に、第1回・第2回書評漫才グランプリに出場し、準優勝した経験を
お持ちのことから、アドバイザーとして一緒に大会を盛り上げてくれています。
①書評漫才PR動画作成 その1 その2
②書評漫才の作り方講座  ※終了しました →終了報告はこちら
③おすすめ図書の展示     ※終了しました →展示リストはこちら
④第7回書評漫才グランプリにて、新作書評漫才披露! ※終了しました
 
【写真:平野区住みます芸人
   「いなかのくるま」】
【書評漫才(SBR)グランプリとは…】 
 二人以上の漫才ユニットで1冊の本を紹介し(持ち時間3分)、ポイントで評価し、競うものです。
評価基準は以下の3点です。
1)本が読みたくなったか
2)紹介の面白さ
3)その他(本への思い、インパクトなど)
審査員の評価と採点をもとに、グランプリを決定します。


 
【写真:第1回書評漫才グラン
プリ  in OSAKA 優勝 NOM】
   ※SBRとは、「Stand-up Book Review」の略で、漫才(stand-up comedy)をもとにした造語です。

2012(平成24)年12月22日(土)に初めて大阪市立中央図書館で開催し、高校生コンビ7組が参加、約90名の方にご観覧いただきました。

【書評漫才グランプリ in OSAKA のページのご案内】
 開催情報 今後の開催予定について ←「第7回書評漫才グランプリ」情報はこちら!
 今までの開催記録 過去の書評漫才グランプリ各回の詳細について 過去動画も公開中!
 書評漫才の作り方講座 「書評漫才ってどうやって作ればいいの?」という時の作り方講座について
 
カウンター(2015.6.10設置)20803
 

PICK UP!


 
こどものページ
おおさか資料室
 

情報発信

メールマガジン
大阪市立図書館Facebook
大阪市図書館Twitter
 

大阪市立図書館

 
自動車文庫「まちかど号」バナー
ティーンズのページバナー
OneBookOneOsakaバナー
 

おすすめの本

こどものほんだな

どんどんばしわたれ「どんどんばしわたれ」こばやし えみこ/案,こぐま社,2018.10
 

あなたにこの本を!

絵本は心のへその緒「絵本は心のへその緒」松居 直/著,ブックスタート,2018.10
 

Webギャラリー